寒い日でも着太り知らず!コートの「細見え」着こなしテク5選

ファッション


冬のおしゃれを盛り上げてくれる“コート”ですが、一方ですっきり着こなしたいのに着太りして見えている……?というお悩みを抱える方も多いですよね。

そこで今回は、着膨れせず、おしゃれにコートを着こなす方法をご紹介します。ぜひこの記事を参考に、冬ならではのおしゃれを楽しんでくださいね。

 

1:コートの中のボトムス&ワンピは「タイトなシルエット」に!

出典: DKSStyle / Shutterstock.com

すっきり細見えを狙うなら、コートの中はタイトなシルエットのボトムスや、“Iラインワンピ”が正解。“ミモレ丈のタイトスカート”で、裾をコートから少し出せばさらに細見え効果が期待できますよ!

出典: Street style photo / Shutterstock.com

この冬大流行のロング丈のコートと相性抜群なのは“細身のパンツ”。クールになり過ぎないように旬の“ファーバッグ”など、小物で甘辛バランスを調整するとGOOD。

 

2:コートの中のコーデは「ウエスト位置」を意識して

出典: andersphoto / Shutterstock.com

おなじみの“ニット”との組み合わせですが、厚みがあるだけに着太りの原因に。そんなときは、ボトムスに“イン”したり“短め丈ニット”のものを選んだりして腰位置を高く見せると“もったり見え”を阻止できます。

 

3:ダウンにもカラーコートにも「黒コーデ」が使える!

出典: DKSStyle / Shutterstock.com

この冬人気のカラーコート&ダウンやボアコート。“スッキリ見え”させるには、定番の黒タートルネックなどのニット、黒スキニー、黒デニムで引き締めるのが◎。

出典: Streeteye75 / Shutterstock.com

さらに、トップスとボトムスの両方を黒で統一すれば、縦のラインが強調されてさらに細見え&着痩せ効果が期待できます。

 

4:すっきり&おしゃれ度UPを叶える「小物使い」

出典: aniarenard / Shutterstock.com

着太り防止に効く小物テクニックの1つがベルトでの“ウエストマーク”。ベルトは差し色をチョイスするとさらに効果的です。

また、コートにボリュームがあるときは大きなサイズのバッグを持つと重たい印象になるのでNG。いつもより“ワンサイズ小さめ”のものや“ショルダーバッグ”を選ぶとバランスが取れますよ。

 

5:イマドキ感抜群の「〇〇コート」なら着るだけでOK!

出典: DKSStyle / Shutterstock.com

大流行中の“ビッグシルエットコート”の包み込むようなゆったりシルエットは、華奢見え効果があるので即“細見え”に。また、着太りのことなんて考えられないような極寒で厚着をしている日でも、ビッグシルエットがカバーしてくれるので着込んでも安心です!

 

冬ファッションに欠かせない“コート”。センス良くスタイル良く着こなすことができれば、寒い冬のお出かけもますます楽しくなるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ DKSStyle、Street style photo、andersphoto、Streeteye75、aniarenard / Shutterstock.com



Source link

GENIC

290,223 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア📸  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。