第18回 東京JAZZ開催決定! 第1弾ラインナップも発表

美容

日本最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZ」、今年も開催決定しました! 2019年8月30日(金)~9月1日(日)まで、東京・渋谷のNHKホールと代々木公園ケヤキ並木ほかで行う、街ぐるみの音楽の祭典です。老若男女問わず、ジャズを楽しんでいただきたいと思います!

 東京JAZZは、2002年から毎年開催し、日本の音楽文化の充実・発展に貢献する文化事業として、また良質な都市型音楽フェスティバルとして、新しい音楽文化を発信し続けています。2016年からは、会場を丸の内から渋谷に移してヨーロッパのジャズフェスティバルさながらの「街ぐるみ」のイベントとなり、昨年(第17回)はNHKホールやライブハウスをはじめ公園、ストリートなど様々な空間でおよそ9万人のお客様に楽しんでいただきました。
 18回目を迎える今年の東京JAZZは、開催当初からのテーマでもある【国境を越えて、世代を超えて】にふさわしく、世界の現代音楽シーンを牽引する注目のトップアーティストから、ジャズの歴史にさん然と輝くレジェンドまで、今ここでしか体験できない世界レベルのラインナップでお届けします。国際都市「東京」の代名詞となるような音楽の祭典を目指し、2020年に向け東京の文化シーンをより活性化させるために、今年も多くの方に「東京JAZZ」をお楽しみいただきたいと考えております。

--------------------
the HALL Artists

今年はNHKホールに、チック・コリア、チャールス・ロイドという巨匠を迎えます。
ジャズ史に燦然と輝くピアニスト、チック・コリア、第18回東京JAZZではチック・コリア・アコースティック・バンドとチック・コリア・エレクトリック・バンドの2公演が実現します。

 

1度の来日時に2つのバンドの公演を行うのは、実に27年ぶりのことです。
60年を越える音楽活動を経てなお、若い世代のアーティストと新たな挑戦を続けるサックスの巨匠、チャールス・ロイド。メンバーにジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドと、現代ジャズシーンを代表する実力派を揃えて登場します。
さらに、現代ジャズシーンの象徴的存在とも言えるカマシ・ワシントン、3度のグラミー賞に輝く注目のクロスオーバージャズ集団、スナーキー・パピーが東京JAZZに初登場。まさに、世代を超えた豪華ラインナップ。2019年現在進行形のジャズサウンドを、第18回東京JAZZで目撃してください!
--------------------
チック・コリア
​ アコースティック・バンド / エレクトリック・バンド

名曲「スペイン」「ラ・フィエスタ」の名を挙げるまでもなく、ジャズ史に数々の革命を起こしてきたレジェンド、チック・コリアが自身のバンドを引き連れて東京JAZZに登場します。アコースティック・バンドは、ジョン・パティトゥッチとデイヴ・ウェックルというオリジナルメンバーで20年ぶりに再始動。さらにフランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサルという強力なメンバーを加えたエレクトリック・バンドも日替わりで出演します。アコースティック・バンドとエレクトリック・バンド、迷ったらどちら楽しめる夢の公演が実現します!

チャールス・ロイド “Kindred Spirits”
featuring ジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、
ルーベン・ロジャース and エリック・ハーランド

御歳81歳、60年以上の活動歴を誇る伝説的サックス奏者、チャールス・ロイド。バンドメンバーにジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドら、それぞれがソロや自身のプロジェクトでも大活躍をする当代屈指の実力派ミュージシャンたちを取り揃えて東京JAZZに初登場!常に挑戦し、変わり続けるレジェンドの演奏を体感してください!

カマシ・ワシントン

LAジャズを代表するサックス奏者でありながら、その活動はジャズのみに留まらず、サンダーキャットやケンドリック・ラマーとの活動で新世代ミュージックシーンを牽引し続けるキーパーソン、カマシ・ワシントンが遂に東京JAZZに参戦します。 2015年に発表した『The Epic』はその年の最優秀作品の1つとして圧倒的な反響を得て、2018年の『Heaven & Earth』ではその研ぎ澄まされたサウンドでジャンルを超えた多くの観客を魅了しました。ジャズの「現代」と、音楽の「未来」を感じるステージが繰り広げられます!

スナーキー・パピー

2004年のデビュー以来、3度のグラミー賞に輝くジャズ・コレクティブ、スナーキー・パピーが東京JAZZにやってきます。リーダーのマイケル・リーグを中心に、実力派ミュージシャンが流動的に参加する「不定形」プロジェクトで、彼らのジャズやファンク、ダンス、フュージョンを融合したクロスオーバーサウンドは、いま世界中で注目されています。 今年4月に発売した3年ぶりのアルバム『Immigrance』も大注目の音楽集団、そのサウンドに身を委ねてください!
--------------------
開催概要
●名称 第18回 東京JAZZ
(英文表記)18th TOKYO JAZZ FESTIVAL

●会場・期日:
the HALL(NHKホール) 2019年8月31日(土)~9月1日(日)
the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木) 2019年8月30日(金)~9月1日(日)

●主催: 東京JAZZ実行委員会(NHK、NHKエンタープライズ、日本経済新聞社)
●後援: 東京都、渋谷区
●特別協賛: 一般財団法人セガサミー文化芸術財団
●協賛: KDDI株式会社、ケン・コーポレーション グループ、大和ハウス工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社みずほ銀行、ヤマハ株式会社、株式会社NHKテクノロジーズ、伊藤忠商事株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社JVCケンウッド・クリエイティブメディア、株式会社IMAGICA GROUP、株式会社IMAGICA Lab.、サッポロビール株式会社、株式会社ヤマダ電機、株式会社NHKビジネスクリエイト、株式会社イープラス、三井住友海上火災保険株式会社
●協力: パナソニック株式会社、ヒビノ株式会社、株式会社シブヤテレビジョン、東京急行電鉄株式会社、株式会社ローソンエンタテインメント、タワーレコード株式会社、株式会社ワンダーコーポレーション、JAZZ LIFE、JAZZ JAPAN

●出演アーティスト:
チック・コリア・アコースティック・バンド
 with ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル
チック・コリア・エレクトリック・バンド
 with フランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサル、ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル
チャールス・ロイド “Kindred Spirits”
 featuring ジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、ルーベン・ロジャース and エリック・ハーランド
カマシ・ワシントン
スナーキー・パピー
マイケル・リーグ、マルセロ・ウォロースキ、ボブ・ランゼッティ、ビル・ローレンス、ボビー・スパークス、ジャスティン・スタントン、ジェイムソン・ロス、クリス・ブロック、マイク“Maz”マーハー
ほか、追加出演者は後日発表

●チケット料金:
the HALL(NHKホール):
プラチナ・パッケージ(オーケストラボックス席+特典):19,800円 
SS席:12,800円 S席:9,800円 A席:7,800円 B席:3,800円
SS席1日通し券:24,600円(全席指定・税込)

the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木):
無料

●チケット発売日時:
【先行発売】 5月25日(土)10:00~
【一般発売】 6月29日(土)10:00~

●チケット販売窓口:
イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット ほか

●公式サイト:  http://www.tokyo-jazz.com
●公式Facebook:  https://www.facebook.com/tokyojazzfestival/
●公式Twitter:  https://twitter.com/Tokyo_Jazz_Fes/
●公式Instagram: https://www.instagram.com/tokyojazzfestival_official/
●公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCe1qRn-d2Z9yXsdea9zb7Ng/

【一般お問い合わせ】
ハローダイヤル TEL:03-5777-8600(8:00~22:00)

元記事を読む

GENIC

12,682,921 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

記事一覧