• HOME
  • ブログ
  • 美容
  • 「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」!!「大感謝祭」や、歴代作家たちの「セレクトマニフェスト」「ドリームプロジェクト」「チャリティーオークション」など、ファンやマニア垂涎の企画が盛り沢山!

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」!!「大感謝祭」や、歴代作家たちの「セレクトマニフェスト」「ドリームプロジェクト」「チャリティーオークション」など、ファンやマニア垂涎の企画が盛り沢山!

美容


「セレクトマニフェスト」第一弾として、4作品のマニフェストを発表!「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次先生) 「BEASTARS」(板垣巴留先生)「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至先生) 「ハリガネサービスACE」(荒達哉先生)
 株式会社秋田書店(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:樋口茂)は、発行している週刊少年漫画誌『週刊少年チャンピオン』(編集長:武川新吾)が1969年7月15日の創刊から50周年を迎えるにあたり、「必死こいて半世紀」をキャッチフレーズに、ファンのみなさまへの感謝を込めて、「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」を5月9日(木)より始動し、50周年を盛り上げます。

 

 

週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト: https://weeklychamp.com/

 そして創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)には、秋葉原UDXギャラリーでイベント「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」を開催します。大感謝祭では、全13作品の作家がそれぞれ3つのマニフェストを掲げて、ファンが実現して欲しいマニフェストに投票する「セレクトマニフェスト」で、投票で1位になったマニフェストをお披露目します。また、作家の夢を実現するために、クラウドファンディングを実施する「ドリームプロジェクト」にてファンから募った資金で実現する夢を「大感謝祭」でお披露目します。さらには、各作家によるトークショーや交流会、ライブドローイングなどの、ファンのみなさまに楽しんでいただける内容となっています(イベント詳細は後日発表。各作家によるイベント内容は変更になる可能性があります)。

 「セレクトマニフェスト」第一弾として、「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次先生)、「BEASTARS」(板垣巴留先生)、「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至先生)、「ハリガネサービスACE」(荒達哉先生)が、それぞれ3つのマニフェストを発表し、5月9日(木)10:00より「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト」にて、投票受付を開始します。

 「ドリームプロジェクト」では、「弱虫ペダル」の渡辺航先生の夢「御堂筋翔の巨大バルーン作成」、「バキ道」の板垣恵介先生の夢「刃牙の家のジオラマ作成」、「吸血鬼すぐ死ぬ」の盆ノ木至先生の夢「アルマジロのジョンの巨大ぬいぐるみ作成」の3つの夢のクラウドファンディングを、5月16日(木)よりスタートします(詳細は後日改めて発表します)。

 また、50周年を盛り上げるために、作家のみなさまに協力いただき、お宝をオークションで販売し、売上の一部を寄付する「チャリティーオークション」も実施します(詳細は後日発表)。さらに、50周年を記念した「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト」では、作家のインタビューやこれまでの表紙などを公開しており、今後も続々とコンテンツを公開していく予定です。

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」概要
■日時:2019年7月15日(月・祝日)
■場所:秋葉原UDXギャラリー(東京都千代田区外神田4-14-1)
■内容:
「セレクトマニフェスト」各作家投票1位マニフェストのお披露目
「ドリームプロジェクト」作家の夢のお披露目
各作家によるトークショーや交流会、ライブドローイングなど
※その他企画を準備中。詳細は後日発表。
※各作家によるイベント内容は変更になる可能性があります。

「セレクトマニフェスト」の第一弾
■第一弾投票期間:2019年5月9日(木)10:00~5月23日(木)18:00
■「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト セレクトマニフェスト」投票ページ:
https://weeklychamp.com/manifesto/

「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次先生)
「週刊少年チャンピオンに愛を込めて3つのマニフェストを用意しました。大感謝祭が盛り上がりますよーに。」

(1)国会議員にうんこさせます。
大感謝祭の会場のどこかに、国会議員のうんこを再現します。
(2)春巻先生の部屋を再現します。
春巻先生の部屋を1/1スケールで再現します。殺風景な部屋をその目でご覧いただけます。
(3)土井津家の飯をふるまいます。
お供えモノでつくられる土井津家のごはんをリアルに再現します。会場では、実際に召し上がっていただけます。

「BEASTARS」(板垣巴留先生)
「大感謝祭にぴったりなものから、変わり種まで、いろいろな方向性を用意してみました。皆さんの投票をお待ちしています。」

 

(1)スペシャルカラー原画を展示します!
巻頭や単行本用に描いたカラー原画を展示。色や筆使いにもこだわった生の原画を、間近でお楽しみいただけます。
(2)ルイになりきれるフォトスポットをつくります!
シシ組の組員たちに囲まれたルイになりきれるフォトスポットを製作。シシ組のボスになった気分で写真が撮れます。
(3)ゲストビーストを招待します!
板垣巴留先生が、今いちばん会ってみたい動物を大感謝祭に招待します。どんな動物が来るかは当日のお楽しみとなります。

「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至先生)
「50周年おめでとうございます!ドラルクも体を張って全力で盛り上げたいので、投票おねがいします!!」

(1)ドラルクの砂、詰め放題!
死にたてほやほやのドラルクの砂を、新横浜から大感謝祭会場に直送します。小瓶に詰めてお土産に持って帰られます。
(2)ドラルクの変身失敗パン祭り!
コウモリに変身しそこなったドラルクを模したパンを複数種類、会場に展示します。
(3)ドラルク、一話で94(キューシ)回死ぬ!
チャンピオン本誌にて、一話のなかでドラルクが94(キュー死)回死ぬ話を、盆ノ木至先生に特別に描いていただきます。

「ハリガネサービスACE」(荒達哉先生)
「50周年おめでとうございます!チャンピオンでデビューした作家として大感謝祭を盛り上げていきたいと思います!投票よろしくお願いします!!

 

 

(1)初期設定資料&原画を大公開します!
荒達哉先生所蔵の「ハリガネサービス」の設定資料を大公開。いっしょに生原稿も展示します。
(2)金田くんのながーい腕つくります!
金田くんの腕の長さを体感できるフォトスポットを製作。金田くんになりきって撮影ができます。
(3)豊瀬高校オリジナル横断幕を掲げます!
作中では描かれていない豊瀬高校の横断幕を、今回、荒達哉先生がデザインし、オリジナルで製作。大感謝祭当日は、会場に掲げます。

※投票いただいた方の中から、抽選で20組40名様に「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」のペアチケットを抽選でプレゼントします。詳細は「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト セレクトマニフェスト」の投票ページをご確認ください。
https://weeklychamp.com/manifesto/

※「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」でお披露目されるマニフェストの内容は、ペアチケットのない一般の方でも観覧できます。(一部、観覧できないものがある場合がございます。)
ペアチケット当選者には、トークショー等のステージイベントがお楽しみいただけます。(詳細は後日発表)

※「セレクトマニフェスト」は第一弾〜第三弾まで実施します。「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」に参加できるペアチケットは、第一弾〜第三弾の合計で65組130名様に抽選でプレゼントします。

マニフェストを発表した漫画について
▼「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次先生)
1993年第10号から2002年第13号まで「浦安鉄筋家族」を連載。その後、「元祖!浦安鉄筋家族」、「毎度!浦安鉄筋家族」、「あっぱれ!浦安鉄筋家族」とタイトルを変え連載を続ける作品。千葉県浦安市を舞台に元気すぎる小学生・大沢木小鉄と大沢木家の面々、そして同級生が繰り広げるドタバタギャグ漫画。

▼「BEASTARS」(板垣巴留先生)
2016年41号から連載中。マンガ大賞2018大賞受賞など、2018年のマンガ賞を4冠受賞。肉食獣と草食獣が生活・共存する世界を舞台に描かれた珠玉の動物版ヒューマンドラマ。様々な動物がいる全寮制のチェリートン学園で、演劇部員でアルパカのテムが食殺されてしまう。その犯人として同じ演劇部員でハイイロオオカミのレゴシに疑惑が向けられて…⁉︎ レゴシと多種多様な動物たちが織りなす、激しく切ない青春群像作品。

▼「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至先生)
2015年30号から連載中。「真祖にして無敵」と言われているが実はミミズ以下のクソ雑魚吸血鬼のドラルクと地道な営業と自伝小説「ロナルドウォー戦記」の評判で地位を築いてきた吸血退治人と個性豊かな人物たちが織りなす日常ハイテンションギャグ漫画。

▼「ハリガネサービスACE」(荒達哉先生)
2014年26号から2018年46号まで「ハリガネサービス」を連載。2018年50号から、続編の「ハリガネサービスACE」が連載中。都立豊瀬高校バレー部に入部した無名の選手・下平鉋。アキレス腱を怪我し、1年間サーブのみを練習してきた彼のポジションはピンチサーバー。強豪ひしめく東京ブロック、サーブでチームに貢献し主人公が成長していく青春バレー漫画。

■週刊少年チャンピオンについて
 週刊少年チャンピオンは1969年7月15日に隔週誌「少年チャンピオン」として創刊し、1970年6月24日より50年間発行を続ける週刊少年漫画雑誌。黄色と黒のチェッカーフラッグ柄のシルクハットにヒゲがトレードマークの「少チャン」がマスコットキャラクター。他の週刊少年誌と比較して、自由な作風と特徴ある作品が生まれやすく、作家の意向が強く反映された作品が多い。代表作に初期に「ブラック・ジャック」、「ドカベン」、「魔太郎がくる!!」、「バビル2世」、「キューティーハニー」、「恐怖新聞」、「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」、「750ライダー」、「エコエコアザラク」。そして、90年代では「グラップラー刃牙」などの「刃牙シリーズ」、「浦安鉄筋家族」などの「浦安鉄筋家族シリーズ」が25年を越えて連載され、「シャカリキ!」、「フルアヘッド!ココ」、「覚悟のススメ」を連載。そして2000年に入ってからは「弱虫ペダル」をはじめ、「聖闘士星矢NEXT DIMENSION  冥王神話」、「侵略!イカ娘」、「みつどもえ」、「吸血鬼すぐ死ぬ」、「実は私は」、「クローバー」、「シュガーレス」、「六道の悪女たち」、「魔入りました!入間くん」、「ANGEL VOICE」、「ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜」、「BEASTARS」などを連載。
 2019年に迎えた創刊50周年では「必死こいて半世紀」と題し、誌面でも歴史を振り返る企画を実施。「レジェンドインタビュー」と題し、過去の連載作家へのインタビューやリバイバル掲載企画では連載当時の代表エピソード1話を再掲載。7月の創刊記念号では、様々な記念企画が盛りだくさんの創刊記念号も発売になる。



元記事を読む

GENIC

2,611,888 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア📸  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。