• HOME
  • ブログ
  • 美容
  • ヴァリューズ&ネットイヤーグループがB2B商材の購買行動を徹底解説!カスタマージャーニーを実行動から捉えるマーケティングセミナーを7月17日に東京・銀座で無料開催

ヴァリューズ&ネットイヤーグループがB2B商材の購買行動を徹底解説!カスタマージャーニーを実行動から捉えるマーケティングセミナーを7月17日に東京・銀座で無料開催

美容


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)と、デジタル時代の企業のマーケティング活動を支援するネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:石黒 不二代)は、BtoB商材におけるカスタマージャーニーマップ作成のポイントや使い方、そして具体的な購買行動の把握の仕方を解説するマーケティングセミナーを、2019年7月17日(水)に東京・銀座で無料開催いたします。

詳細・申込みURL: http://bit.ly/31wsTZx

ヴァリューズ×ネットイヤーグループヴァリューズ×ネットイヤーグループ

企業活動であってもデジタルでコミュニケーションをとることが一般的となった昨今。企業の担当者は、BtoBマーケティングツールを用いてデジタルコミュニケーションを成立させ、業務効率・営業効率の改善を図ろうとしています。多くの企業では消費者向け(toC向け)の世界でデジタルマーケティングをおこなう際に必要なカスタマージャーニーマップ(※)を用い、それらツールの運用を開始しています。
しかし多くの場合、BtoB商材における具体的な購買行動を把握していないため、仮説や思いこみだけで意思決定をおこないがちです。
本セミナーでは、BtoBマーケティングにおけるカスタマージャーニーマップ作成のポイントや使い方、そしてBtoB商材における具体的な購買行動の把握の仕方をお伝えします。

(※)顧客がどのように行動して購買に至るのか、行動や心理を時系列に並べて可視化したもの

【こんな方におすすめ】
・デジタルマーケティングの担当者になったが、どこから手を付けていいかわからない方
・導入したMAツールや、SFAツールがうまく活用されていない方
・自社のWebサイトを営業に活用して、営業効率を上げたいと思っている方

【セミナー内容】
第一部 14:00~14:30
BtoB商材におけるカスタマージャーニーマップの作り方と、その使い方
内容 :・BtoBデジタルマーケティングの現状
    ・カスタマージャーニーマップとは?
    ・BtoB向けカスタマージャーニーマップの作り方
    ・BtoB向けカスタマージャーニーマップの活用方法
    ・BtoB向けカスタマージャーニーマップ作成・活用時の課題
登壇者:ネットイヤーグループ株式会社 マーケティングクラウド事業部 五条 琴美

第二部 14:30~15:10
行動ログデータから見るBtoB商材のカスタマージャーニー
内容 :・行動ログデータとは?
    ・行動ログデータを活用したBtoB商材のカスタマージャーニーの作り方
    ・事例紹介とマーケティング施策への活用方法
登壇者:株式会社ヴァリューズ ソリューション局 アシスタントマネジャー 宇都宮 匡

第三部 15:10~15:20
BtoBデジタルマーケティングの成功率を上げる「業務整理・可視化支援サービス」のご紹介
内容 :・「業務整理・可視化支援サービス」とは?
    ・こんなお悩みを抱えている方におすすめです
登壇者:ネットイヤーグループ株式会社 マーケティングクラウド事業部 チームマネージャー 神田 卓哉

質疑応答・アンケート記入 15:20~15:40
※タイムスケジュール、アジェンダは変更される場合があります。

【登壇者紹介】
■ネットイヤーグループ株式会社 マーケティングクラウド事業部
プロジェクト推進部 Pardotコンサルタント 五条 琴美

 

登壇者近影:五条 琴美登壇者近影:五条 琴美

ヒアリング内容に応じ、SFA/MAの世界で完結しないマーケティング支援を行うPardot部隊所属。
SalesCloud/Pardotを横断した運用の要望ヒアリング・設計・設定を主に担当。
担当者の範囲に応じWebサイト、ページ、メールの制作・制作支援も行うが、「ツールは担当者が使えてこそ」を理想とし、導入時のトレーニング、導入後に化石化したPardotの救済に日々勤しむ。

■株式会社ヴァリューズ ソリューション局
アシスタントマネジャー 宇都宮 匡

登壇者近影:宇都宮 匡登壇者近影:宇都宮 匡

大阪府出身、関西学院大学大学院 数理科学研究科(森本ゼミ)を卒業。
新卒でヴァリューズに入社しデータアナリストとして大手広告代理店、不動産事業会社、求人メディアをはじめ、多様な業界のマーケティングリサーチを経験。最近ではWEB行動ログデータだけではなく、売上データや顧客データなどの分析・可視化を行っている。
趣味はロードバイクとスノーボード。

■ネットイヤーグループ株式会社 マーケティングクラウド事業部
チームマネージャー 神田 卓哉

登壇者近影:神田 卓哉登壇者近影:神田 卓哉

「運用できる」をベースにしたB2Bデジタルマーケティングの支援を行う。
どんなに高価なツールを導入しても、業務の整理と可視化、そしてコンテンツ企画と作成は行ってくはくれないと、各地で強く主張。
ツールに使われずに、ツールを使いこなす。複雑なシナリオではなく、シンプルなシナリオこそが正義。がモットー。

【開催概要】​

開催日時 2019年7月17日(水)14:00~15:40(受付 13:30~) 
開催場所 ネットイヤーグループ 研修室
東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル地下1階
最寄り駅 東京メトロ有楽町線「新富町駅」1番出口より徒歩2分
都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線「銀座駅」A13番出口より徒歩9分
定員 合計30名
※広告代理店、Webマーケティング会社など同業者の方のご参加はご遠慮いただいております。
※申込み者多数の場合には抽選とし、お断りさせていただく場合があります。また1社から複数の方のお申込みがあった場合、2名様までの参加とさせていただく場合がありますので、あわせてご了承ください。
※参加の可否につきましては、開催の5営業日前までにお知らせいたします。
参加費 無料
持ち物 名刺(受付で名刺を頂戴いたします)
参加対象 BtoB企業でマーケティングを担当されている方
申込方法 http://bit.ly/31wsTZx
共同主催 株式会社ヴァリューズ
ネットイヤーグループ株式会社

 

 
【株式会社ヴァリューズについて】
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。
25万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

【ネットイヤーグループ株式会社について(東証マザーズ:証券コード 3622)】
「ビジネスの未来をデジタルで創る。ビジネスの未来をユーザーと創る。~ユーザーエクスペリエンスからすべてが始まる。~」をグループミッションとして、デジタル時代のマーケティングに関するコンサルティング、デジタルコンテンツの企画制作、システム開発、マーケティングツール・クラウド型オフィスツールの企画販売などを通じ、企業経営の進化とエンドユーザーとのエンゲージメント強化のご支援をしています。

【会社概要】
■株式会社ヴァリューズ
所在地 : 東京都港区赤坂2-19-4 FORUM赤坂5F
代表者 : 代表取締役社長 辻本 秀幸
事業内容: 経営に関するコンサルティング及び成長支援事業
      インターネット行動ログ分析事業 (ビッグデータ解析事業)
      IT先端技術を駆使した”売れる仕組み”構築事業
設立  : 2009年9月30日
資本金 : 1億円
URL  : https://www.valuesccg.com/

■ネットイヤーグループ株式会社
所在地 : 東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表者 : 代表取締役社長 兼 CEO 石黒 不二代
事業内容: ・コンサルティング
      ・デジタルコンテンツの企画制作
      ・システム開発
      ・マーケティングツールの企画販売
      ・データ解析・効果測定
      ・ソーシャルメディアマーケティング支援
設立  : 1999年7月7日
資本金 : 5億7,096万円(2018年3月31日現在)
URL  : https://www.netyear.net

【本セミナーに関するお問い合わせ先】
ネットイヤーグループ株式会社 佐野、太田
TEL   : 03-6369-0500(平日10:00~17:00)
E-MAIL: mkg@netyear.net
 



元記事を読む

GENIC

6,054,413 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。