• HOME
  • ブログ
  • 美容
  • 15周年を迎える四条烏丸の複合商業施設「COCON KARASUMA(ココンカラスマ)」。生みの親、建築家隈研吾氏のトークイベントを2019.12.01に開催。

15周年を迎える四条烏丸の複合商業施設「COCON KARASUMA(ココンカラスマ)」。生みの親、建築家隈研吾氏のトークイベントを2019.12.01に開催。

美容


インテリア・アート・食の分野から「上質なくらし」を提案する商業施設COCON KARASUMA(古今烏丸)は、1938年竣工の近代建築ビルを再生し、複合施設として2004年12月4日に誕生しました。そしてこの度、おかげさまで開業15周年を迎えます。この節目を記念する事業として、「TSUNAGU(つなぐ) 」をテーマに、2019年11月1日(金)より12月8日(日)まで館内にてイベントを実施いたします。

 

京都・四条烏丸のランドマーク COCON KARASUMA京都・四条烏丸のランドマーク COCON KARASUMA

COCON KARASUMAの前身、旧丸紅ビルCOCON KARASUMAの前身、旧丸紅ビル

「建築家隈研吾氏トークイベント」

隈研吾氏 Photo © J.C. Carbonne隈研吾氏 Photo © J.C. Carbonne

昭和13年(1938年)に建てられた旧丸紅ビルを再生し、15年前に開業したCOCON KARASUMA。そのリノベーションを手掛けた隈研吾氏をお招きし、トークイベントを開催。COCON KARASUMAの誕生秘話や、世界で活躍する建築家隈研吾氏ならではのとっておきのエピソードなど、建築に興味のある方はもちろん、どなたにも楽しんでいただける内容です。応募による抽選で150名様を招待し、開催します。

■日時:2019.12.01(日)15時~(予定)
■場所:京都シネマ(COCON KARASUMA3階)
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地  
■参加無料/定員150名様 ※下記1)2)いずれかの方法の応募による抽選となります。

応募について
■応募期間:2019.7.20(土)~2019.10.20 (日)
■当選発表:厳正な抽選の上、当選者の方には2019年11月1日から11月8日までに順次ご案内します。
*当選は発表をもってかえさせていただきます。
■応募方法と当選発表
*ご応募は何度でもできますが、当選は1回となり、当選者ご本人お一人のみご参加いただけます。

告知ポスター告知ポスター

1)応募箱に用紙を投函する場合・・・応募期間中にCOCON KARASUMA内のショップ、レストラン、映画館をご利用いただくと、金額は問わず店舗にて応募用紙をお渡しします。応募用紙に必要事項をご記入の上、COCON KARASUMA 1階パブリックスペース(エスカレータ前)に設置する応募箱に投函ください。
当選者には応募用紙に記載のご連絡先に、郵送にてお知らせします。

2)Instagramで応募する場合・・・COCON KARASUMA 公式Instagramアカウント@coconkarasumaをフォローの上、「#coconつなぐ」を付けて、COCON KARASUMAのステキな画像を投稿ください。
当選者にはダイレクトメッセージにてお知らせします。
*応募後@conkarasumaのフォローを外されますと、ご連絡ができなくなりますのでご注意ください。

このほか、11月1日からCOCON KARASUMA全店舗にて、特製アイテムや特別メニュー、割引サービスをご用意したキャンペーンなどを予定。12月6日~8日には大抽選会を開催します。
詳しくはCOCON KARASUMA公式WEBサイト、SNSで順次発信します。
http://www.coconkarasuma.com/
Instagram/Facebook/twitter @coconkarasuma

お問い合わせ先: COCON KARASUMA  電話075-352-3800

1階のアトリウムは吹き抜けの大空間1階のアトリウムは吹き抜けの大空間

 

 

京唐紙の伝統文様をあしらった特徴あるファサード京唐紙の伝統文様をあしらった特徴あるファサード

 

南洋材の寄木の床南洋材の寄木の床

70年余り前の姿を色濃く残す階段部分70年余り前の姿を色濃く残す階段部分

第16回BELCA賞ベストリフォーム部門受賞第16回BELCA賞ベストリフォーム部門受賞

 



元記事を読む

GENIC

6,055,675 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。