• HOME
  • ブログ
  • 美容
  • 余 貴美子、田畑智子、高橋和也など豪華ゲストが続々登場!!女性バーテンダーたちのお仕事ドラマ「まどろみバーメイド」

余 貴美子、田畑智子、高橋和也など豪華ゲストが続々登場!!女性バーテンダーたちのお仕事ドラマ「まどろみバーメイド」

美容


木竜麻生、玄理、八木アリサが個性豊かな女性バーテンダーたちを熱演中の真夜中ドラマ「まどろみバーメイド」に豪華ゲストが続々登場!第5話のゲスト余 貴美子は「人を殺してきた」という謎めいた女性、第6話ゲストの田畑智子は多忙なシングルマザー、第9話のゲスト高橋和也は元・服役囚を演じる。原作は週刊漫画TIMESで連載中のイラストレーター・パオの漫画デビュー作品「まどろみバーメイド」(早川パオ/芳文社)。

【番組名】
真夜中ドラマ
「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。~」
【放送日時】
 テレビ大阪 毎週土曜 深夜0:56~1:26
 BSテレ東(BS⑦ch)   毎週土曜 深夜0:00~0:30
 BSテレ東4K(4K⑦ch)毎週土曜 深夜0:00~0:30
【出演】 木竜麻生 玄理 八木アリサ 他
【番組HP】http://www.tv-osaka.co.jp/barmaid/

 

  • 第5話「殺してきた女」ゲスト:余 貴美子 
  • 第6話「放置された親子」ゲスト:田畑智子
  • 第7話「髪を切ったストーカー」ゲスト:大後寿々花
  • 第8話「貢ぐ男」ゲスト:遠藤雄弥
  • 第9話「爆弾を持つ男」ゲスト:高橋和也
  • 第10話「踊る占い師」ゲスト:サヘル・ローズ
  • 第11・12話「泣けないコロッケ係」「新しい星」ゲスト:小野花梨・相島一之

 

左上から)余 貴美子、田畑智子、大後寿々花、遠藤雄弥
左下から)高橋和也、サヘル・ローズ、小野花梨、相島一之
 

  • 第5話「殺してきた女」はこれまでのストーリーとは全く違った雰囲気で、サスペンスの要素も!

ゲスト:余 貴美子(2019年8月10日土曜深夜放送)

響子(余 貴美子)響子(余 貴美子)

第5話のゲスト・余 貴美子が演じるのは「人を殺してきた」と言って、雪(木竜麻生)の屋台バーを訪れる喪服姿の謎めいた女性・響子。余 貴美子とは今回が初共演だという主演の木竜麻生は次のように語った。
 

木竜麻生:テレビ大阪にて木竜麻生:テレビ大阪にて

【木竜麻生コメント】                                      
 余さん演じる響子さんと、屋台バーの中で会話のやりとりをする中で、余さんのおっしゃるセリフを素直に受け取ることを心がけました。余さんは撮影前からご自身の中でまっすぐと「こういう役」と決めていらっしゃったようでした。余さんがブレないので私も受け答えがとてもスムーズにできて、大先輩に引っぱっていただいた回だったなと思います。実は、響子さんにお出しするカクテルは手順が多くて、作るのが一番難しいカクテルだったんです。それで手順を間違えてしまい、もう一度撮り直すことになったんですが、そのときも「大丈夫、大丈夫!」と励ましていただきました。
 響子はとても謎めいた女性ですが、余さん自身はとてもチャーミングな方でした。ドラマに登場するカクテルは、いつもはダミーでノンアルコールのものを用意するのですが、最後のシーンだけ本物のカクテルを飲んでいただいたんです。すると、カメラが止まったあとも「おいしくて飲んじゃう」って飲んでいて、大先輩に向かってなんですが、それが本当にかわいらしかったです(笑)。現場には「石の華」の石垣さんも来てくださっていて、余さんとカクテルのお話で盛り上がっていました。

  • あらすじ

左から)響子(余 貴美子)、雪(木竜麻生)左から)響子(余 貴美子)、雪(木竜麻生)

雪(木竜麻生)の屋台バーに喪服姿の上品な女性(余貴美子)が入ってきた。その女性・響子は「人を殺してきた」と告げ、拳銃を取り出した…。好きな人を殺してきたという響子は、彼がいつも頼んでいたカクテル“モヒート”を注文する。一方、雪たちの馴染みの中華料理屋では、騎帆(玄理)と日代子(八木アリサ)が落ち込むおばちゃん(原扶貴子)を慰めていた。おばちゃんは好きだった人が亡くなったと号泣。おばちゃんもまた彼が好きだったという“モヒート”を騎帆に頼んだのだった。
 

 

以上、お楽しみに!

 

 



元記事を読む

GENIC

6,055,871 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。