2020年ホリデーシーズン限定メニューのご案内

グルメ


一年が終わりに向かうことにひと息つき、大切な人たちとお祝いをする、ホリデーシーズン。アマン東京 (東京・大手町、総支配人 八木朋子)では、華やかなこの季節にふさわしい、さまざまなメニューをご用意しております。アマン東京の特別な空間で、いつもとは違った2020年を振り返って労い、来年への希望を語りながらゆったりとお過ごしください。
 

 
総料理長が生産者の元に足を運び厳選した国産の食材でご提供する「アルヴァ」の伝統的なイタリアのクリスマスメニュー、「武蔵 by アマン」の36年の経験を持つ職人が握る本格的な江戸前鮨をソムリエが厳選した5種のプレミアムな日本酒とペアリングするおまかせコース、「ザ・ラウンジ byアマン」で毎年好評の繊細で可愛らしいクリスマスアフタヌーンティーなど、ホリデー限定の充実したメニューや、大晦日のガラディナーやカウントダウンパーティーで、2020年だからこその思い出に残る特別なひとときをお過ごしください。

イタリアンレストラン「アルヴァ」

 クリスマスコース<ナターレ>

イタリアンレストラン「アルヴァ」では、アマン東京総料理長平木正和が17年間を過ごしたイタリアの伝統的なクリスマスをイメージし、蝦夷鹿、フォアグラ、ラディッキオ タルディーボなど、上質な旬の食材を使用したメニューをご用意いたしました。また、「こんな状況だからこそ、国内で生産されたものを積極的に使い、日本の生産者の力になりたい」という思いから、平木が足を運んだ50ヶ所以上の生産者から食材を厳選し、メニューの一品ずつに産地を記載することにこだわりました。
 

イタリアでは魔除けの意味を込めてクリスマスに食される鰻を、ねぎとヴィンコットの濃厚な甘さで、鰻を蒲焼きにする日本人に親しみやすい味に仕立てた「鰻のマリネ 埼玉県産深谷ねぎとヴィンコット」、東京産唯一の黒毛和牛である秋川牛の旨味を、重厚なバローロワインで引き立てた贅沢なメインディッシュ、伊勢海老やチェリートマトなどイタリアで縁起がよいとされる赤い食材でヴェネトの伝統的なパスタ“ビーゴリ”を彩ったクリスマスらしい一皿など、平木渾身の料理の数々をお楽しみください。

料金:
ディナーコース 18,000円、または、25,000円
ディナーコース 窓側 32,000円
ランチコース 7,000円、または 9,000円
ランチコース窓側 12,000円
ランチコース 窓側 & シャンパンフリーフロー 90分 18,000円
シャンパンフリーフロー 90分 6,000円 ※セットメニューとして、または、アラカルトのオプションとしてご注文いただけます。
(すべて税・サービス料別途)

期間: 12月17日(木)- 12月25日(金) ランチ12.00am – 2.30pm, ディナー5.30pm – 10.00pm (LO)
※17日は10.00pm 閉店になります。23、24、25日のランチは11.30am~、ディナーは2部制となります。
 

「武蔵 by アマン」

おまかせディナーコース+プレミアム酒ペアリング

通常江戸前鮨では古米を使いますが、親方・武蔵弘幸が故郷、山梨で今年5月に田植えをし、自ら育て秋に収穫した新米で握る特別な江戸前鮨を、「酒匠」の資格を持つソムリエがその日のネタに合わせて厳選した日本酒とペアリングでお楽しみいただく、この時季ならではのプレミアムなディナーコースをご提供します。

一粒ひと粒の輪郭がしっかりと感じられる艶やかな新米は、適度に脂の乗った冬の魚の風味と絶妙に合わさります。武蔵のセンスが光る繊細な味と鮮やかな盛り付けのおつまみとともに、檜のカウンターが美しいシンプルで静謐な空間で、その道36年の職人技による極上の鮨をご堪能ください。

料金:3,5000円
つまみ 8品、鮨 10貫、玉子焼き、季節の果物 +プレミアム酒ペアリング(5種) 
(税・サービス料別途)
期間: 12月1日(火) – 12月25(金) 5:30pm – 10:00pm (最終入店 8:30pm)

「ザ・ラウンジby アマン」

 フェスティブ キャビアセット

総料理長 平木正和が香川県のキャビア生産者を訪ねて自ら監修のもと作りあげた、アマン東京オリジナルキャビアを、クラシカルなコンディメント、ホテルメイドのグリッシーニと生ハム、シーフードのマリネなど、ホリデーシーズン限定のバータイムセットでお楽しみください。清らかな天然水で育てられたチョウザメの卵本来の味を楽しめる国産ならではの非加熱性生キャビアに、シェフ平木が塩味を抑えてまろやかでデリケートな味に仕上げたこだわりの逸品です。

料金:  2名さま分 25,000円 (税・サービス料別)    ※お飲物は含まれません。
期間: 12月1日(火)-  30日(水)

クリスマスアフタヌーンティー

エグゼクティブペストリーシェフ宮川佳久による、人気の「ザ・ラウンジ by アマン」のアフタヌーンティーが、クリスマス仕様になって登場。オリジナルの黒竹トレイのトップには、オーナメントに見立てた飴細工とラズベリーとピスタチオで飾り付けたクリスマスツリーのモンブラン、サンタの帽子型のラズベリームースが並び、トレイ二段目は、アマン東京特製のジュエリーボックスに敷き詰められたマカロンやプチシュー、トリュフチョコレート、ジンジャークッキーなどのスイーツから4種を選んで自由にカスタマイズしていただけます。セイボリーには、ローストビーフや雲丹、キャビア、フォアグラなどプレミアムな食材を使ったフィンガーフードをご用意しました。愛らしくも大人の味にこだわった華やかなクリスマスアフタヌーンティーをお楽しみください。

 
料金:   1名さま 6,500円(税・サービス料別)
期間:   12月25日(金)まで 12pm – 5pm(2時間半制)

イタリアンレストラン「アルヴァ」

ニューイヤーズイブ ガラディナー

2020年を締めくくる大晦日、「アルヴァ」の空間は、上品な色合いのゴールドをテーマにしたシックな空間へと様変わりします。国内の生産者による旬の食材をふんだんに使ったヴェネチア[MH1] 料理にもまたゴールドが散りばめられ、今年最後を飾るに相応しい華やかなディナーコースをご提供します。ヴァイオリンの生演奏やマジックなどのエンターテインメントとともに、思い出に残るひとときをお過ごしください。

料金:   ガラディナー メニュー    1名さま 25,000円(税・サービス料別)
特別なワインペアリングコース   1名さま 15,000円 (税・サービス料別)

日時:12月31日(木)8:00pm開始

「ザ・ラウンジ by アマン」

ニューイヤーズイブ カウントダウンパーティー

新たな一年への希望と期待で胸が高鳴るカウントダウン。33階から冬の澄んだ空気にくっきりと映える一面の東京の夜景を眺めシャンパンを片手に、DJやバンドのエンターテインメントとともに2021年を楽しく迎えましょう。

  • テーブルサービス 全席着席(スタンディングなし)※1テーブル最大4名さままで
  • 年齢制限: 20歳以上
  • 2名様毎にキャビア等アペタイザーと、ボトルのシャンパン付き
  • エンターテインメント: バンド演奏・DJ・足長ピエロなど

料金:おひとり様20,000円より (税・サービス料別)

日時:2020年12月31日(木)8:00pm〜
 

ホリデーメニューのご予約:
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/festive-season

アマン東京とは

「アマン東京」は2014年12月22日にアマン初の都市型ホテルとして、日本で初めて開業いたしました。高層複合ビル大手町タワーの最上階部33階から38階に、木と石と和紙による、日本の伝統文化と現代性を兼ね備えた広々とした静かな空間を提供しています。客室数84室、高い天井高を持つガーデンラウンジを始め、レストラン、シガーラウンジを併設したバーラウンジ、1階別棟のカフェ、カウンター8席の鮨店、そして8室のトリートメントスイート、30メートルの屋内プールやフィットネスジムを持つアマン・スパなどを擁し、そのどこからでも東京の眺望や自然をご堪能いただけます。

アマンとは

アマンは、プライベートな邸宅にいるかのような心温まるもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常的な体験のできるプライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創設されました。そのコンセプトは、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリ(平和なる場所)から、世界へと発信されていき、現在、アマンは、ブータン、カンボジア、中国、ドミニカ共和国、フランス、ギリシャ、インドネシア、インド、イタリア、日本(ニセコ2023)、ラオス、メキシコ(2021)、モンテネグロ、モロッコ、フィリピン、サウジアラビア(2023)、スリランカ、タイ(バンコク2022)、トルコ、タークス&カイコス諸島、北米(ニューヨーク2021、マイアミ2023)の22のデスティネーションにて41軒(2023年までの開業予定を含む)のリゾートを展開しています。



Source link

GENIC

6,265,585 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。