• HOME
  • ブログ
  • 旅行 , 最新 , 海外
  • テレビ番組にも登場!メキシコの大衆食堂「たま食堂」が日本の家庭料理を広めるクラウドファンディングに挑戦します!-越境クラウドファンディングJapanTomorrow

テレビ番組にも登場!メキシコの大衆食堂「たま食堂」が日本の家庭料理を広めるクラウドファンディングに挑戦します!-越境クラウドファンディングJapanTomorrow

旅行


株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)が運営する越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」にて、5月17日からメキシコ・メリダにある「たま食堂」による新たなプロジェクトが開始しました。

 

2021年5月17日より、日本のテレビでも取材を受けたメキシコ・メリダの「たま食堂」が、越境クラウドファンディング「JapanTomorrow」にてプロジェクトをスタート致しました。

 

「たま食堂」はメキシコ人夫婦のアイメ氏、ペドロ氏が現地で営む大衆食堂です。日本の昭和の雰囲気が漂うレトロな大衆食堂に魅了された2人は、現地の日本人の協力の下4年間料理の研究を重ね、2018年に店舗をオープン。「現地の日本人には故郷のように、地元の人々には寿司以外の和食があることを知ってほしい」という想いの下、必要なものは日本から取り寄せ、メキシコ人の好みに合わせながら、日本ならではの味を出せるように調節し努力を重ねています。

 

 

2018年8月、2人は日本のテレビの取材を機に初めて来日。日本の大衆食堂でのリアルな体験は2人にとって大変貴重なものであり、帰国後は提供する料理の評判も上がっていきました。そんな中、世界的なコロナウイルスの拡大がたま食堂にも大きな影響を与えます。休業期間を乗り越え、デリバリーサービスの開始など様々な努力を行っていますが、以前のようにお客様を迎えることは困難になっています。日本の家庭料理の魅力をメキシコ現地で広め続けるべく、お店の将来をかけてクラウドファンディングに挑戦します。

■プロジェクトページ
日本語:https://japantomorrow-jp.matcha-jp.com/projects/tamashokudo
英語:https://japantomorrow-en.matcha-jp.com/projects/tamashokudo

■プロジェクト開催期間
2021年5月17日~2021年7月31日

■プロジェクト目標金額
2,500,000円

■リワードの種類(一部抜粋)

 

・たま食堂からお礼のメール 1,000円
・心からのメッセージとたま食堂を紹介する動画 5,000円
・心からのお礼と、日本で手に入る食材でメキシコ風タコスのおいしい作り方を伝える動画 10,000円
・心からのメッセージとたま食堂へのご招待 20,000円 他

今回ご用意するのは全部で7種類のリワード。紹介動画はご支援下さった皆様のお名前を入れた特別な仕様になります。その他、将来メキシコに訪れて下さった際のご招待、ツアーなど様々なリワードがございます。

皆様ご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

 

  • 越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」とは

越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」は訪日外国人向けWEBメディア「MATCHA」が運営する多言語対応のクラウドファンディングサービスです。
日本語、英語、中国語繁体字、タイ語の4か国語に対応しており、これから日本に来たいと思っている海外の方に向けて、訪日前に事前に宿泊券や体験を販売することが出来ると同時に、観光地も訪日客へプロモーションすることが可能です。

現在「Japan Tomorrow」では起案者を募集しております。ご気軽にご連絡ください。

■Japan Tomorrowに関するお問い合わせ
 japantomorrow@matcha-jp.com

■Japan Tomorrowサービス概要
https://japantomorrow-jp.matcha-jp.com/about

■Japan Tomorrow成功事例特集(note)
https://note.com/matcha/m/m03542ffeff03

■Japan Tomorrow公式Twitter
https://twitter.com/japan_tomorrow





Source link

GENIC

6,354,556 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。