• HOME
  • ブログ
  • アニメ , ライフ , 最新
  • SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE、TVアニメ『SAO』より、「ユージオ」役の声優 島崎信長さんの撮り下ろしボイスを使用した「ユージオ -白スーツVer.-」のAR動画を公開!

SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE、TVアニメ『SAO』より、「ユージオ」役の声優 島崎信長さんの撮り下ろしボイスを使用した「ユージオ -白スーツVer.-」のAR動画を公開!

アニメ


株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)の連結子会社、株式会社eStream(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高井里菜)が手掛けるフィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE」(通称「渋スクフィギュア」)は、人気TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』(公式略称「SAO」)より、現在予約受付中の「ユージオ -白スーツVer.-」のAR動画をeStream公式YouTubeチャンネルにて公開いたしました。本AR動画は、「ユージオ」役の声優 島崎信長さんがナレーションを担当しています。スケールフィギュアの世界観と島崎信長さんの撮り下ろしボイスを是非お楽しみください。

「ユージオ -白スーツVer.-」AR動画
https://youtu.be/o3wGIsagLG0

■「ユージオ ‐白スーツVer.-」1/7 スケールフィギュア-について
TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』より、ABEMA特番企画「SAOみんなのフィギュア」企画で堂々1位を獲得したユージオが遂に1/7スケールフィギュアとなって登場。
白いスーツに身を纏い、青い薔薇を持った彼があなたをエスコートします。是非お手元でご堪能ください。
 

■購入詳細
・販売場所:下記のURLよりご予約いただけます。
https://shibuya-scramble-figure.com/lp/scale/sao/suit/eugeo/

・販売期間:2021年1月20日(水)15:00~2021年5月23日(日)23:59迄

■商品概要
商品名:ソードアート・オンライン「ユージオ -白スーツVer.」1/7スケール
サイズ:1/7スケール PVC製塗装済み完成品
大きさ:高さ239mm x 幅95mm x 奥行き109m
価格:18,150円 (税込)
予約期間:2021年1月20日(水)15:00~2021年5月23日(日)23:59迄
原型:Design COCO(Art Director:CHIGA)
彩色:Design COCO(Art Director:CHIGA)
製造:株式会社アルファサテライト
販売元:(株)eStream
署名表記:©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

※写真は監修中の原型です。実際の商品とは異なります。

■SHIBUYA SCRAMBLE FIGUREとは

eStreamが展開する「スケール感」と「躍動感」を意識した高品質高級フィギュアブランド。世界に誇れるIPで世界に誇れるプロダクト(フィギュア)を生み出すことを目指しています。ブランド名には渋谷から世界に文化を発信することに思いを込めています。通称「渋スクフィギュア」。

■株式会社eStream
eStreamは、2017年8月に設立され、タレントマネジメント事業から事業拡大を行い現在は様々なIPを扱うマーチャンダイジング事業(https://estream.stores.jp/)、グッズ販売の新しい形であるオンラインくじ事業などオンラインエンタテインメント事業を展開しています。2020年には「スケール感」と「躍動感」にこだわった高品質高級フィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE(https://shibuya-scramble-figure.com/)」と、造形美、ディテール、躍動感を追求したソフビフィギュアブランド「Shibuya Sofubi Arts」を設立し、IPの魅力を最大化させるフィギュア開発に取り組んでいます。

■会社概要  http://www.estream.co.jp/
社名 株式会社 eStream
東京本社 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階
代表者 代表取締役社長 高井 里菜

■CyberZについて http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。

CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。

 

 

 

 



Source link

GENIC

6,354,562 views

GENIC PRESS(ジェニックプレス) インスタ映えスポットや人気の投稿を共有し、宣伝したり、モデルさんの活動などを配信するソーシャルメディア?  モ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。