10/20(金)公開 ナショナル・シアター・ライブ『善き人』 主演の人気俳優デヴィッド・テナントの場面写真が一般公開に

アート・カルチャー
記事の購読時間: < 1
本作は、C・P・テルラーの名義曲を、英国でも人気演出家のドミニク・クックが演出し、ハロルド・ピンター劇場で撮影された舞台になります。主演に人気俳優デヴィッド・テナントを迎え、ナチスがヨーロッパを席巻する中で、ドイツで慎ましく大学教授として働いていたハルダー博士は、社会の流れに沿う形でナチスに加わったことから人生が自分の意志とは関係なく予期せぬ方向へ進んでいくドラマです。

今回解禁された写真では、ハルダーが自分の置かれた立場を思い悩む様子のシーンや、主人公ハルダーと妻役や生徒役、少佐役など何役も兼ねるシャロン・スモールとのシーンになります。

【デヴィッド・テナント扮する主人公ハルダー教授が思い悩むシーン】

Credit - Johan PerssonCredit – Johan Persson

【ハルダー教授とナチス少佐(シャロン・スモール)】

Credit - Johan PerssonCredit – Johan Persson

【生徒と恋に落ち愛情を確かめ合うハルダー教授】

Credit - Johan PerssonCredit – Johan Persson

主演のデヴィッド・テナントはスコットランド出身のイギリス俳優で、TVシリーズ『ドクター・フー』で人気俳優の仲間入りを果たしました。世界でテレビ出演により知名度を上げたデヴィッド・テナントですが、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでの舞台経験も豊富で、イギリスを代表する実力派俳優の一人です。

本作での彼の演技は、Financial Timesからは星5つの評価と共に、「デヴィッド・テナントは、魅力的で、ウィットに富み、人間味にあふれている」と絶賛されました。ぜひご注目ください。

 

本作は、10/20(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほかにて公開です。お楽しみに。

【作品情報】

作:C・P・テイラー 演出:ドミニク・クック 出演:デヴィッド・テナント、エリオット・リーヴィー、シャロン・スモール 

上映時間:約160分(予定)

あらすじ:世界が第二次世界大戦に直面する中、善良で知的なドイツ人教授ジョン・ハルダーは、想像を絶する結果をもたらす運動に巻き込まれていく。

 

【公開劇場】

2023/10/20(金)〜 公開劇場

東京)TOHOシネマズ 日本橋 

​   シネ・リーブル池袋

神奈川)TOHOシネマズ ららぽーと横浜

名古屋)TOHOシネマズ 赤池

大阪)大阪ステーションシティシネマ

福岡)中洲大洋劇場

2023/10/27(金)〜 公開劇場

兵庫)シネ・リーブル神戸

京都)アップリンク京都

映画公式サイト:

https://www.ntlive.jp/good

 

座席はご鑑賞劇場HPから購入可能

販売は鑑賞希望日の2日前0時から劇場HPにて、劇場窓口は2日前のオープン時より

※TOHOシネマズ系以外の劇場ではスケジュールが異なることがございます

鑑賞料:一般3000円、学生2500円(要・学生証の提示)、障害者2500円

ピックアップ記事

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー