「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report

「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report
シンクタンク
記事の購読時間: 2

約890社、日本で最も多くの大手から優良な中堅企業へ組織行動科学®を導入するリクエスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表:甲畑智康)は、2020年からはじめた国内の


企業・組織が”自分で考え行動できる社員”をどこまで増やすことが可能か?


を実験検証した結果を公開する事となりました。



組織で働く社員の特性:

大きく2つの特性があります。

1.自分で考え行動できる人。2.仕事を効率良くできる人。

「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report

誰でも、同じ仕事を2年程度つづける事で、やり方のパターンが増える。そのパターンを繰り返す事で、仕事は以前よりも効率良くできるようになる。

しかし、

効率は思考を阻害する


。この状態をより良く変えるために「行動アンラーニング®」を使った実験検証の結果が以下です。


組織行動科学®「行動アンラーニング®」の

効果:

「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report

※ 過去に組織行動科学®の導入により得た約332,000人の行動データおよび、smart creative management®総合研究所、ABA Operations Research®センターが関わった国内16社(メーカーとエンジニアリングかつ黒字)で働く約1,800名の行動と思考のデータをもとに作成しています。

※ 各社で目安としてご活用頂けるように、数字の一の位を”0”もしくは”5”に合わせています。


人材を育成”できる”組織、育成”できない”組織では、これだけの差が出る事がわかりました。

この差の要因は以下です。

  1. 知識ではなく


    実務で経験した事実を教材


    にし、

  2. その事実から


    思考できる固有の観点


    を伝えて、

  3. どのように行動するかの仮説を作り実践する。


「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report


Request Co., Ltd.



リクエスト株式会社

「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report

代表取締役

甲畑智康



代表者 甲畑智康 プロフィル




本社:〒160-0022

東京都新宿区新宿3丁目4番8号

京王フレンテ新宿3丁目4F



組織概要




「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report

mail:


request@requestgroup.jp

「自分で考え行動できる社員が45%増加」組織行動科学® report


d68315-89-5d293eaa0cfb9c23a8dfd8e6f05e66b4.pdf

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー