マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」…

マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...
倉庫
記事の購読時間: 2

※1. ジョーンズラングラサール株式会社「JLLレポート」より。

※2. テナント企業が複数入居可能な物流施設のこと。


マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...

マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...


●ポイント


1.タイの物流施設開発最大手WHA社との複合開発プロジェクト


2.陸・海・空路のアクセス性に優れた好立地


1.タイの物流施設開発最大手WHA社との複合開発プロジェクト

当社はASEANにおいて、マルチテナント型物流施設をはじめ、コールドチェーン需要の高まりに対応した低温物流施設開発など、事業用施設開発を中心に事業を展開しています。タイにおいては、2016年に当社とWHA社が合弁会社WHADLP社を設立し、これまで計3プロジェクト・6棟の物流施設などを開発。2024年3月にはベトナム社会主義共和国でも物流施設開発をスタートするなど、両社の連携を強化してきました。

「バンナ・トラッド プロジェクト」は、物流施設が集積するバンナエリアに、開発した「バンナプロジェクト」(マルチテナント型物流施設、平屋建て、延床面積約49,000㎡)(※3)に続く第二弾のプロジェクトです。

当プロジェクトは2023年3月に、事務所兼ショールーム「バンナ・トラッド プロジェクトA棟」(※4)を着工。2024年2月に、マルチテナント型物流施設「バンナ・トラッド プロジェクトC棟」(平屋建て、延床面積23,749㎡、1区画約10,000㎡~、最大2社入居可能)を着工し、2024年8月に竣工する予定です。

そしてこのたび、当プロジェクトの最終棟となるマルチテナント型物流施設「バンナ・トラッドプロジェクトB棟」を着工します。当施設は平屋建て、延床面積21,848㎡で、最大3社(1区画約5,000㎡~)のテナント企業が入居可能です。各区画には事務所を設置することもできるため、テナント企業の多様なニーズにも対応できます。

※3. 売却済み。

※4. 当社は2023年10月より事業参入。


2.陸・海・空路のアクセス性に優れた好立地

当施設を開発するバンナエリアは、首都バンコク市より東に約37kmに位置し、バンコクと北東部の主要な都市を結ぶ「高速道路6号線」や幹線道路「バンナ・トラッド通り」に面しているため、バンコク市内への配送拠点として利便性の高い立地です。また、経済特区である「東部経済回廊(EEC)」にも近接しており、物流事業者やEC事業者、製造業などのニーズが見込まれるエリアです。あわせて、世界最大級の国際空港「スワンナプーム国際空港」から約26km、タイの代表的な国際港「バンコク港」から約32kmと、国際貿易拠点としてもアクセス性に優れています。加えて、タイ国内の企業に次ぎ、日系企業が多く進出しているエリアのため、当社とWHA社のノウハウやネットワークなどを活かして、テナント企業の誘致活動を行います。


マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...


■WHA Corporation PCLの概要


マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...

※5. タイバーツ=4.0円換算。


■WHA Daiwa Logistics Property Co.,Ltd.の概要


マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...


■「バンナ・トラッド プロジェクト」概要


マルチテナント型物流施設「WHA ダイワ ロジスティクスセンター バンナ・トラッド Km.23 インバウンド B棟」...

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー