GyroEyeによるMR検査支援実証の実施

GyroEyeによるMR検査支援実証の実施
Webサイト
記事の購読時間: 2

このたび行った実証実験では、2D施工図から検査対象を自動で抽出、検査項目を割り当てることで、MR技術による現場での検査ポイントのガイダンスとデジタル記録の連携運用を行いました。

北海電気工事株式会社 電設工事部 澤田 氏、尾形 氏は「GyroEyeの2D施工データ連携をベースとすることで、従来の検査プロセスを変更することなく、施工検査のDX実現が視野に入った。」「ウェアラブルグラスにより両手を自由に使える状態で、誰でも一目瞭然に検査ポイントを把握でき、更に音声入力が出来る事から、検査業務の省力化が可能となる。これにより次期生産世代の空洞化や、働き方改革に対応することが出来る。」「検査ポイントと紐づけて写真が自動で管理されるため、従来大変だった写真の整理が不要となり、報告書作成業務の大幅な時間短縮が期待できる。」と話しています。

株式会社インフォマティクスでは、引き続き北海電気工事株式会社の「MR技術活用によるDXの実現」を進めるとともに、同様のニーズを持つ建設・製造業に向けたパッケージとしての汎用化を進めていく予定です。


実証結果


DWGデータからの検査ポイント連携


DWGデータからの検査ポイント連携


ハンズフリーでのMR検査


ハンズフリーでのMR検査


注視による検査ポイントの選択


注視による検査ポイントの選択


ジェスチャーによる検査記録


ジェスチャーによる検査記録


音声入力によるコメント記録


音声入力によるコメント記録


検査進捗の確認


検査進捗の確認


任意の位置への検査記録作成


任意の位置への検査記録作成


ブラウザでの検査記録の確認


ブラウザでの検査記録の確認


インフォマティクスについて


株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システム(GIS)の開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約250名(2024年5月末時点)の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、社会インフラ事業者、建設・土木・エンジニアリングなどエンタープライズ企業に多数の導入実績があります。


製品に関するお問い合わせ


株式会社インフォマティクス XR推進室 黒坂、高橋

メールでのお問い合わせ gyroeye@informatix.co.jp

〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F

TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0854


ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社インフォマティクス 営業部 営業推進グループ プレスリリース担当

メールでのお問い合わせ ifx-marketing@informatix.co.jp

〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F

TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0845

※GyroEye、ジャイロアイは株式会社インフォマティクスの登録商標です。その他記載の製品名、会社名は各社の登録商標です。

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー