バトンズ、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)国際規格「ISO/IEC 27001:2022」の認証を取得

バトンズ、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)国際規格「ISO/IEC 27001:2022」の認証を取得
ネットサービス
記事の購読時間: < 1


バトンズ、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)国際規格「ISO/IEC 27001:2022」の認証を取得



ISMS認証取得の目的

バトンズが運営するM&A・事業承継支援プラットフォーム「BATONZ」は、2024年6月現在で累計約25万者のユーザーが利用するサービスです。「ISO/IEC 27001:2022」の認証を取得し、客観的な基準による適正で厳格なセキュリティ管理体制を整えることで、より安全にM&Aプラットフォームを活用できる環境を提供し、誰でも、どこでも、簡単に、自由に、M&Aができる社会の実現を目指していきます。



ISMS国際規格「ISO/IEC 27001」とは

ISMSとは情報セキュリティマネジメントシステム(Information Security Management System)の略称で、組織において情報セキュリティを管理・運用するための仕組みです。「ISO/IEC 27001」は管理・運用の体制を評価するための国際規格として規定されており、情報セキュリティの3つの要素である、機密性・完全性・可用性を構築・運用するための枠組みが定められています。

ISMSの認証プロセスでは、独立した第三者であるISMS認証機関が、利害関係のない公正な観点から組織のセキュリティ対策・管理状況を評価します。ISMS認証は、組織が「ISO/IEC 27001」に沿った適正で厳格なセキュリティ管理体制を持っていることの証明となります。



認証の概要

組織名称  :株式会社バトンズ

適用規格  :ISO/IEC 27001:2022

認証登録番号:JP24/00000149

対象範囲  :M&A及び事業承継に関するプラットフォームの開発及び運用保守

登録事業所 :株式会社バトンズ 本社、大阪支社

初回登録日 :2024年5月18日

認証機関  :SGS ジャパン株式会社



M&A・事業承継支援プラットフォーム「BATONZ」について

「誰でも、どこでも、簡単に、自由に、M&Aができる社会を実現する」ことをビジョンに掲げ、あらゆる会社/事業のバトンタッチを実現しています。M&A・事業承継支援プラットフォーム「BATONZ」は、専門家サポートとDXを組み合わせた最先端のM&A支援サービスの提供により、累計成約件数・総登録案件数・成約件数において業界シェアNo.1※のM&A・事業承継支援プラットフォームです。

※M&Aプラットフォーム市場における累計成約件数・総登録案件数・成約件数2021~ 2023年度(見込値を含む) No.1 出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所 2023年発刊「国内ビジネスマッチングプラットフォーム市場の現状と展望【2023年版】」 (mic-r.co.jp)



会社概要

会社名 : 株式会社バトンズ

所在地 : 東京都中央区築地3-12-5

設立 : 2018年4月

資本金:1億円

代表取締役CEO: 神瀬悠一

事業内容 :インターネットを利用したM&Aマッチング/経営コンサルティングウェブサイトの企画、制作、運営及び管理/M&Aに関する各種教育

会社HP:

https://batonz.jp/company/

M&A総合支援プラットフォーム「BATONZ(バトンズ)」:

https://batonz.jp/

|本リリースの元記事はこちら|


https://batonz.jp/company/news/2024-06-11/

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー