• HOME
  • ブログ
  • ネットサービス
  • 企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、…

企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、…

企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、...
ネットサービス
記事の購読時間: 2
企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、...

株式会社デジライズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:茶圓 将裕)は、企業のニーズに合わせた独自の大規模言語モデル(LLM)開発を支援するサービス『法人LLM』の提供を開始します。

本サービスでは、オープンソースのLLMを活用することで、セキュアかつ高度にカスタマイズされた独自LLMの構築を支援します。

近年、グローバルでLLMの活用が加速する中、企業特有の課題に対応するため、独自LLMの開発が不可欠となっています。デジライズは、豊富な開発実績と国内有数のGPUリソース、日本最大のLLM開発コミュニティとの連携を強みに、日本企業の競争力強化に貢献してまいります。


無料相談に申し込む

企業内で安全にAIを活用できる法人LLMについてお問い合わせ希望の方はこちらのフォームをご記載ください。

■ 背景:加速する企業のAI活用とオープンソースLLMの台頭

近年、OpenAIのChatGPTに代表されるLLMの登場により、AI技術は急速な発展を遂げており、グローバルでビジネスにおけるAI活用が加速しています。米国の大手IT企業を中心に、自社に最適化された独自のLLMを開発する動きが活発化しており、2023年の企業のLLM関連支出は平均700万ドルに達しました。2024年には、

その支出が2〜5倍に拡大すると予測されています。

こうした中、米国を中心にオープンソースのLLMが台頭しています。オープンソースLLMは、ライセンスコストを抑えられるだけでなく、自社のデータを用いたファインチューニングにより高度なカスタマイズが可能であり、セキュアな環境での運用も実現できます。

実際、米国の企業の41% (※1) が既にオープンソースLLMの活用しております。


パフォーマンスが良ければ、8割以上の企業がオープンソースLLMの活用を視野に入れております。

日本国内でもLLM活用の機運は高まっていますが、多くの企業では独自LLMの開発に踏み切れていないのが現状です。デジライズは、日本企業がグローバルな競争に勝ち抜くためには、戦略的な独自LLMの開発が不可欠であると考えています。

※1:Fortune500やトップ企業のリーダー数十人と会話して作成した統計


■ 『法人LLM』が提供する価値


『法人LLM』

は、オープンソースのLLMを活用した独自LLM開発の支援に特化したサービスです。世界最高水準の性能を誇るオープンソースLLM「Llama」をベースに、企業のニーズに合わせたカスタマイズを行います。(開発要件によっては、Llama以外も活用いたします。)


【主な特長】


1. セキュアな環境での運用

– オンプレミス環境でのLLM開発・運用により、機密情報の保護を実現


2. 高度なカスタマイズ

– 企業独自のデータを用いたファインチューニングにより、業務に特化した高性能なLLMを構築


3. 充実したサポート体制

– LLMの導入から運用まで、専門エンジニアが一貫してサポート

また、デジライズは、日本有数のGPUリソースと、日本一のローカルLLM開発コミュニティとのネットワークを活かし、最先端の技術を取り入れた高品質な独自LLM開発を実現します。


■ デジライズの強み

デジライズは、独自LLM開発支援において、以下の強みを有しています。


①豊富な開発実績

  • これまでに多数のAIシステム開発プロジェクトを成功させた実績を保有

  • 大手企業との共同研究や、自社サービス開発で培ったノウハウを活用


②潤沢なGPUリソース

  • 国内有数の規模を誇るGPUクラスターを保有

  • 大規模なLLMの学習も高速に処理可能


③日本一のローカルLLM開発コミュニティとの連携

  • 国内最大規模のローカルLLM開発コミュニティとの連携により豊富な人材を確保している

  • コミュニティを通じて得られる最新の知見やノウハウを独自LLM開発に活用

これらの強みを活かし、デジライズは高品質な独自LLM開発を実現し、お客様のビジネス変革に貢献します。


■セミナー紹介

さらに、今回の「法人LLM」のリリースを記念して、


『米国では8割が導入を進める「ローカルLLM」がなぜ今求められるのか?企業が超安全に低価格でAIを利用できるローカルLLMを徹底解説』

と題した無料のオンラインセミナーも開催します。

本セミナーでは、ローカルLLMの特徴や利点を詳しく解説。大企業におけるAI活用の課題と、ローカルLLMによる解決策を具体的に説明します。

セキュアな環境でのAI導入をご検討中の企業様、必見のセミナーです。

企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、...

タイトル


『米国では8割が導入を進める「ローカルLLM」がなぜ今求められるのか?企業が超安全に低価格でAIを利用できるローカルLLMを徹底解説』

日時


6月26日(水)12:00~13:00

視聴方法

Zoom ※お申し込みをいただいた方へ、参加用URLをご案内します。

費用

無料 ※インターネットに接続するための通信料金は参加者負担となります。

申込方法

下記フォームよりお申し込みください。


https://bit.ly/3VB8aCa


無料でセミナーに申し込む

15秒程度で登録が完了します。登録後、自動でセミナー視聴URLを送付いたします。

■独自LLM開発のメリット


1. 企業固有の業務に特化した活用

– 専門用語や社内用語の学習により、企業特有のタスクに最適化

– 社内の知見やノウハウを反映したLLMの構築が可能


2. 高速な処理速度の実現

– 適切なモデルサイズやアーキテクチャの選択により、業務に求められる処理速度を実現

– リアルタイム性が求められる業務においても、ストレスのない応答が可能


3. 情報セキュリティの確保

– オンプレミス環境での運用により、機密情報の外部流出リスクを排除

– 社内のセキュリティ基準に合わせた運用が可能

これらのメリットを踏まえると、以下のようなドメインにおいては、汎用LLMの活用と並行して独自LLMを構築することが望ましいと言えます。

■独自LLMが特に有効なドメイン


1. 情報がセンシティブなドメイン

– 金融、医療、法律など、個人情報や機密情報を多く扱う業界

– データの外部流出が許されない状況下では、オンプレミスでの独自LLM運用が不可欠


2. エッジでの高速処理が求められるドメイン

– 製造業、ロボティクス、自動車など、現場でのリアルタイム処理が必要な業界

– クラウドへの通信を介さず、エッジデバイス上で高速に処理を完結できる独自LLMが効果的


3. 専門性の高いドメイン

– 製薬、バイオテクノロジー、材料科学など、高度な専門知識が求められる業界

– 専門用語や関連知識を豊富に学習した独自LLMにより、高精度な自然言語処理が可能に

このように、企業によっては、汎用LLMでは対応しきれない固有の課題を抱えています。そうした企業においては、独自LLMの開発が競争力の源泉となり得ます。自社に最適化されたLLMを構築し、戦略的に活用することで、業界におけるリーダーシップを確立することができるのです。

デジライズは、こうした企業のニーズに応えるべく、オープンソースのLLMを活用した独自LLM開発支援サービス『法人LLM』を提供します。私たちの知見とノウハウを結集し、お客様の競争力強化に貢献してまいります。


無料相談に申し込む

企業内で安全にAIを活用できる法人LLMについてお問い合わせ希望の方はこちらのフォームをご記載ください。

【株式会社デジライズ 会社概要】

– 名称    : 株式会社デジライズ

– 所在地   : 東京都渋谷区神泉町9-1 Daiwa渋谷神泉ビル1F

– 設立    : 2023年7月7日

– 代表取締役 : 茶圓 将裕

– URL      :

https://digirise.ai/

– Email    : info@digirise.ai

【代表取締役プロフィール】

企業の独自LLM開発支援に特化した『法人LLM』を提供開始。安全・低価格・カスタマイズ可能の特徴を活かして、...

茶圓 将裕(ちゃえん まさひろ)

学生時代に英語圏での1年間の留学後、上海にて日系人事コンサル会社にて法人営業に従事。延べ100社以上の人事評価制度構築に携わる。現在はSNSでAI情報発信を行い(フォロワー11万人以上)、AI専門家としてTBSテレビやABEMAにも複数回出演。GMO AI & Web3株式会社顧問、一般社団法人生成AI活用普及協会協議員を務めながら、2023年に法人向けAI研修、及び企業向けChatGPT開発の「株式会社デジライズ」を立ち上げ代表取締役に就任。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社デジライズ

広報担当:茶圓

Email: info@digirise.ai

(平日10:00〜18:00)

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー