Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催

Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催
アート
記事の購読時間: < 1


Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催


【背景・狙い】

Bunkamuraは、「創造」「発信」「交流」そして「育成」に焦点をあてて活動しています。今回は「育成」の取り組みの一環で、大阪芸術大学と連携をいたしました。この産学共創企画にNTT ArtTechnologyとDNPが賛同し、次世代を担うクリエイターのための発信の場として、国内外の人々にひろく文化・芸術を楽しんでいただけるBunkamuraメタバース上での展示を行う運びとなりました。


【企画内容】

Bunkamuraメタバースの「Gallery」での『小樽芸術村デジタルアーカイブ 迫力の浮世絵展』(*2)の公開にあわせて、「小樽芸術村」がある北海道に関連し、大阪芸術大学のデザイン学科、キャラクター造形学科、美術学科、映像学科等の学生が北海道の魅力をマンガデザインⓇで表現した約170作品の中から、選抜された全22作品(デジタルポスター9作品、映像13作品)を同メタバース内の「Community Space」でご覧いただけます。マンガデザインⓇの力で北海道へのツーリズムを誘うきっかけを創出します。

「Community Space」は、ユーザー同士が会話を楽しめる空間であり、今回もクリエイターや学生等の来館者同士のコミュニケーションを創出し、体験価値を高めます。


【「マンガデザインⓇ」とは】

日本発のオリジナルグラフィックデザイン。グラフィックデザインの特徴であるクライアントニーズの明確化、メディアに応じたフレキシビリティ等にマンガの特徴である分かりやすさやストーリー訴求、空想の世界の描写が可能な点等を加え、2つの強みを最大限に活かし、創造した広告モデル。


【デジタルポスター作品紹介】


Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催


Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催


【開催概要】

・名称:マンガデザインで北海道をメタバース

・期間:2024年6月13日(木)~2024年6月30日(日) *無料公開

・会場:Bunkamura メタバース Community Space

・URL:

https://www.bunkamura.co.jp/sp/metaverse/

※ 「小樽芸術村デジタルアーカイブ 迫力の浮世絵」展、Bunkamura35周年企画ポスター展「Bunkamuraオペラの軌跡~これまで、そしてこれから~」同時開催中。


【今後の展開】

Bunkamuraは、文化・芸術体験によるさまざまな地域間交流や、地域経済発展のためのパートナーシップを掲げ、「文化ツーリズム」の取り組みを進めています。今後、さまざまな文化・芸術の提供・実現、訴求エリアの拡大に挑戦してまいります。

また、Bunkamura、NTT ArtTechnology、DNPは、Bunkamuraメタバース上で、国内外の美術館とのコラボレーション展示や教育プログラム等の開催を通じ、文化・芸術の発信や価値提供を目指します。

(*1)

バーチャル空間上の文化・芸術の発信拠点として「Bunkamuraメタバース」をオープン

― Bunkamura35周年を記念してオペラ公演の貴重なポスター・写真・映像等を公開 ―


https://www.ntt-arttechnology.com/news/release20240207.pdf

(*2)

メタバース企画展「小樽芸術村デジタルアーカイブ 迫力の浮世絵展」を開催

~ メタバース上の大迫力空間で風景画・美人画を、おばけ屋敷空間で妖怪画を体感! ~


https://www.ntt-arttechnology.com/news/release20240425.pdf


Bunkamura×大阪芸術大学 産学共創企画Bunkamuraメタバース「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー