山本理顕さんのプリツカー賞受賞を記念し横須賀美術館を無料開放します

山本理顕さんのプリツカー賞受賞を記念し横須賀美術館を無料開放します
アート
記事の購読時間: < 1


山本理顕さんのプリツカー賞受賞を記念し横須賀美術館を無料開放します

このたび、横須賀美術館の設計者である建築家・山本理顕氏が「建築界のノーベル賞」ともいわれるプリツカー賞を受賞されました。

横須賀市では、これを記念し、氏の代表作である横須賀美術館を7 月1 日に無料で一般開放いたします。展示作品等のない状態で、展示室やその他のパブリックスペースを自由にご覧いただくことができるほか、写真撮影も可能です。

当日配布するオリジナルの建築ガイドを手に、いつもとは違った目で美術館をご見学になれる貴重な機会です。ぜひご来館ください。


【日時】


令和6年(2024年)7月1日(月曜日) 10時~16時


【場所】


横須賀美術館(〒239-0813 横須賀市鴨居4-1)

ホームページ

https://www.yokosuka-moa.jp/

※当日は、本館および谷内六郎館を無料開放いたします。

※本館での、企画展および所蔵品展の開催はありません(「作品のない展示室」をご覧いただきます)。

※バックヤードはご覧いただけません。


【参加方法】


事前申込不要。当日、直接会場にお越しください。

受付にて、建築ガイドを配布いたします。

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー