㈱VCAT AI(ブイキャット・エーアイ)、日本スタートアップ市場に本格参入

㈱VCAT AI(ブイキャット・エーアイ)、日本スタートアップ市場に本格参入
ネットサービス
記事の購読時間: < 1
㈱VCAT AI(ブイキャット・エーアイ)、日本スタートアップ市場に本格参入

ソウル江南に本社を置くこの企業は、2019年設立以来、世界中の企業にマーケティング自動化を活用したAI広告画像や映像制作、そして広告運営の自動化などの最先端のマーケティングソリューションを提供している。

新たに設立される日本法人は、東京の中心部である虎ノ門ヒルズビジネスタワーにオフィスを設け、日本特有のビジネス環境とニーズに合わせたサービスを提供する予定だ。

[日本の広告市場に最適化されたオールインワン広告及びマーケティングソリューション]

VCAT AIは、効率的なマーケティング戦略樹立を支援するオールインワンソリューションを韓国市場で展開してきたが、これを日本のeコマースプラットフォームに合わせてカスタマイズし、AIベースの広告映像及び画像の自動制作及び広告運営の自動化を可能にする。

今年からは、独自のプラットフォームサービスを中心に日本マーケティング市場のビジネスに現地化されたサポートを提供し、グローバル市場での地位を強化していく予定だ。

現在、韓国では日本の企業であるLOTTE、CANON、ABC MartなどのブランドがVCAT AIソリューションを活用している。

ナ・ギュミンVCAT AI事業ディレクターは次のように述べた。

「VCAT AIは、日本市場でマーケティングソリューションを提供することで、スタートアップと企業のネットワーク強化、イノベーションの促進、そして成長を支援することを目指している」と述べた。

VCAT AIは米国法人設立を完了し、グローバル進出を加速した。

日本法人設立を通じて、日本のスタートアップ生態系に貢献する予定だ。日本のパートナーと加盟店のビジネス成長を支援する予定だ。

問い合わせ先:vcat.ai

ウェブサイト:

vcat.ai

関連記事一覧