児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の…

児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...
リハビリ
記事の購読時間: 2
児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

「子どもたちの可能性を解放する」をミッションに掲げ、児童発達支援、放課後等デイサービス、相談支援事業などの児童福祉事業を手掛ける株式会社unico(代表:濱田 諒、以下「unico」)の展開する新たなパートナーシップ(FC)教室として、

本年4・5月に下記4教室が開設、更に7月には都内2教室の開設

を予定しております。

今4月施行の令和6年度障害福祉サービス等報酬改定において、当業界では大手を含む大変多くの事業者がビジネスモデルの変更や事業戦略の抜本的見直しを強いられているなか、

もとより長時間型・総合的支援を推進してきたunicoは本報酬改定を「追い風」とすることができました。

これを機に、よりたくさんの子どもたちに可能性が解放されていく居場所を届けられるよう、全国展開と各教室の地域社会における定着を加速してまいります。

児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

◆事業の内容 – 児童発達支援・放課後等デイサービス「unico」とは?

福岡県から始まった「unico」は、2024年5月現在、児童発達支援・放課後等デイサービス・相談支援事業等の事業所を合わせて全国24拠点展開しています。集団でのお預かりをするなかで専門的な療育を実践する「unicoメソッド」を導入し、子どもたちの可能性の解放をめざします。

◆既存FCも順調に営業中

既に開設済みの各パートナーシップ(FC)教室(「unico浦和」「unico大分」「unico八事」「unico八王子」「unico軽井沢」も順調に運営を続けており、おかげさまで5教室共に、

5月予約時点での利用稼働率は軒並み90%を超える状況

。利用児童の多くが「unicoに行く日が楽しみ」と、保護者の皆様からもお喜びの声を頂いています。

◆「株式会社unico」について

「子どもたちの可能性を解放する」ことをミッションに掲げ、児童発達支援、放課後等デイサービス、相談支援事業を展開する児童福祉企業です。障害のある児童、発達が気になる児童への療育支援を実施する福祉事業所として、23年8月時点で福岡県内に15拠点を展開しています。子ども一人ひとりの「内発的動機付け」を重視するなどコーチングの手法を取り入れ、新たな支援体系「unicoメソッド」を実践しています。

・商 号:株式会社unico (代表取締役社長:濱田 諒)

・設 立:2023年1月11日

・従業員:110人(2023年6月1日時点)

・所在地:福岡県福岡市中央区天神4丁目4-11 天神ショッパーズ福岡8階

・会社HP:

Home


児童発達支援・放課後等デイ「unico」パートナーシップ(FC)、世田谷区・大分市(2号)・川崎市・札幌市の...

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー