いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表

いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表
マンション
記事の購読時間: 2


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表

•2つ以上近接駅を統合した場合は、駅名の後にA(area)を付記しています。

•【王寺A】王寺(JR関西本線・近鉄生駒線)・新王寺、【近鉄下田A】近鉄下田・香芝、【天王寺A】阿倍野(地下鉄谷町線・阪堺電気軌道上町線)・大阪阿部野橋・天王寺(地下鉄御堂筋線・JR大阪環状線)・天王寺駅前、【なんばA】大阪難波・JR難波・なんば・難波、【生駒A】生駒・鳥居前

•評点は、今住んでいる街への評価について、大変満足している:100点、満足している:75点、どちらでもない:50点、不満である:25点、大変不満である:0点とした場合の平均値です。

•偏差値とは、評点の平均値が50になるように正規化し、評点の数値が平均値からどの程度隔たっているのかを示したものです。偏差値が同じ場合、小数点2位以下が異なります。

•「住みここち(駅)ランキング」は、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30名以上の駅を、「住みここち(自治体)ランキング」は回答者50名以上の自治体を対象に集計しています。

•「住みここちランキング」は、2020~2024年の5年分の回答を累積して集計しています。ただし、各集計対象の駅・自治体の人数が2020~2024年の累計人数では規定に満たない駅・自治体(駅は回答者数30名未満、自治体は回答者数50名未満)に居住している回答者のみ2019年の回答も累積しています。なお、回答者に重複はありません。

•「住みたい街(駅)ランキング」は、奈良県居住者の2024年の回答を関西エリア内の駅を対象にしてランキングを集計しています。「住みたい街(自治体)ランキング」は、奈良県居住者の2024年の回答を全国の自治体を対象にしてランキングを集計しています。

•「住みたい街ランキング」では、行政区はまとめて一つの自治体として集計していますが、大阪市・堺市・京都市・神戸市は行政区を分けて集計しています。

  • 総評


■住みここち(駅)トップは、5年連続で学研奈良登美ヶ丘(近鉄けいはんな線)

1位は、5年連続で奈良市に位置する学研奈良登美ヶ丘(近鉄けいはんな線)です。2位は、奈良市に位置する学園前(近鉄奈良線)です。3位は、昨年は累計回答者数が30名未満でランキングの集計対象外だった菜畑(近鉄生駒線)が初登場でランクインしています。菜畑(近鉄生駒線) は、「住みここち(自治体)」でも3位の生駒市に位置する駅です。トップ10内では、香芝市に位置する近鉄下田A(近鉄下田・香芝を統合)が昨年16位から順位を上げて9位となっています。


■住みここち(自治体)トップは、6年連続で北葛城郡王寺町

トップ3は6年連続で、1位は北葛城郡王寺町、2位は北葛城郡広陵町、3位は生駒市です。トップ10内では、生駒郡斑鳩町が昨年11位から順位を上げて9位となっています。


■住みたい街(駅)トップは、2年連続で梅田A

1位は、2年連続で梅田A[梅田・大阪梅田(阪急神戸線・阪神本線)・大阪・北新地・西梅田・東梅田を統合]です。2位は昨年6位だった奈良(JR関西本線)、3位は昨年7位だった学園前(近鉄奈良線)で、いずれも奈良市に位置する駅です。5位には、なんばA(大阪難波・JR難波・なんば・難波を統合)が新たにランクインしています。トップ5は、奈良県の2駅の他に、大阪府から3駅並ぶ結果となっています。


■住みたい街(自治体)トップは、6年連続で奈良市

1位は、6年連続で奈良市です。2位は、2年連続で東京23区です。3位は、4年連続で橿原市です。4位は大阪市北区で、昨年6位から順位を上げてトップ5入りしています。トップ5は、奈良県の自治体の他に、東京都・大阪府・兵庫県の街が並ぶ結果となっています。

  • 街の住みここち(駅)ランキング<駅:TOP20、因子別:TOP5>

●「住みここち(駅)」で1位の学研奈良登美ヶ丘は、「賑わい」「防災」の両因子で1位、「行政サービス」因子で2位の高い評価を得ています。

●初登場の菜畑(3位)は、「交通利便性」「親しみやすさ」の両因子で1位の高い評価を得ています。

●「生活利便性」因子では、「住みここち(自治体)」でも上位に入っている葛城市(忍海)、香芝市[志都美・近鉄下田A(近鉄下田・香芝を統合)]・北葛城郡王寺町(王寺A)[王寺(JR関西本線・近鉄生駒線)・新王寺を統合]などに位置する、周辺にスーパーやコンビニなどが揃っている駅の評価が高くなっています。

●「賑わい」因子では、ニュータウンとして開発された学研奈良登美ヶ丘や、近鉄奈良線沿線の駅(学園前・近鉄奈良・大和西大寺・新大宮)の評価が高く、トップ5は全て奈良市内に位置する駅となっています。


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


TOP20外の駅 因子別順位トピックス

●生活利便性の3位は、志都美(JR和歌山線)でした。

●交通利便性の2位は、生駒A(近鉄奈良線)でした。

●物価家賃の3位は、三郷(JR関西本線)でした。

•「住みここち(駅)ランキング」の昨年の順位が「-」となっている駅は、昨年の累計回答者数が30名未満だったためランキングの集計対象外でした。

•因子別の順位で、偏差値が50未満の場合は「-」と表示しています。


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表

  • 街の住みここち(自治体)ランキング<自治体:TOP14、因子別:TOP5>

●「住みここち(自治体)」で1位の北葛城郡王寺町は、「交通利便性」「行政サービス」「親しみやすさ」「賑わい」の各因子で1位、「生活利便性」「物価家賃」因子でそれぞれ3位の高い評価を得ています。

●「生活利便性」因子では、駅周辺に日常使いがしやすい商業施設が充実している自治体が上位となっており、橿原市・北葛城郡王寺町などが引き続き高い評価を得ています。

●「親しみやすさ」因子のトップ5(北葛城郡王寺町・生駒市・北葛城郡広陵町・香芝市・奈良市)は、「住みここち(自治体)」でもトップ5となっている街です。


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表


TOP14外の自治体 因子別順位トピックス

●生活利便性の2位は、北葛城郡上牧町でした。

●静かさ治安の2位は吉野郡大淀町、3位は宇陀市でした。

•「住みここち(駅)ランキング」の昨年の順位が「-」となっている駅は、昨年の累計回答者数が50名未満、もしくは偏差値が50未満だったためランキング集計対象外でした。

•因子別の順位で、偏差値が50未満の場合は「-」と表示しています。


いい部屋ネット「街の住みここち&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」発表

  • 調査概要

◇調査方法

株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。

◇回答者

奈良県居住の20歳以上の男女、2020年~2024年(一部の回答のみ2019年を追加)合計9,175名を対象に集計。

[男女比] 男性50.7%:女性49.3%

[未既婚]  未婚33.4%:既婚66.6%     [子ども] なし41.2%:あり58.8%

[世代比] 20歳代12.3%、30歳代20.4%、40歳代23.8%、50歳代22.7%、60歳代14.5%、70歳代6.3%

◇調査期間

2024年2月21日(水)~3月14日(木):2024年調査(回答者数:1,984名)

2023年2月17日(金)~3月15日(水):2023年調査(回答者数:1,927名)

2022年3月8日(火)~3月29日(火):2022年調査(回答者数:1,906名)

2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:1,972名)

2020年3月17日(火)~4月3日(金):2020年調査(回答者数:1,224名)

2019年3月26日(火)~4月8日(月):2019年調査(回答者数:162名 ※2019年は一部の回答のみ使用)

計9,175名

◇調査体制

調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗 健(フェロー)、調査票配布回収:株式会社マクロミル

◇回答方法

住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点、満足:75点 どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名・駅名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

•本リリースの一部また全部を、個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為を禁止します。

•新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2024<奈良県版>」と出所の表記をお願いします。

•学術研究目的の場合、本調査個票データについて提供できる可能性がありますので個別にお問い合わせください。

•「住みここちランキング」WEBサイトでは、「住みここち」と街づくりに関する学術論文や調査データの解説記事を掲載しています。詳細につきましては、WEBサイトをご覧ください。

▼詳細はこちら


https://www.eheya.net/sumicoco/


▼プレスリリースはこちら


https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2024/sumicoco_kansai2024.html

関連記事一覧

記事一覧

カテゴリー